FC2ブログ

DD用、ファンタジックな金属甲冑

前にちょっと話していたかもしれませんが高級路線のアーマーの紹介。

どの辺が高級かと問われればパーツ数を考えないで制作している所です。当工房の場合、材料費、次いでパーツ数〈パーツが多いと設計も製作工程が複雑化するため。あと材料の使用量も増える〉が大きく値段に響きます。

高級化すれば稼げるかというと割と逆で、シンプルで生産性のいい物の方が設計も制作もスピーディーに行えるので、長い目で見なくても普通に複雑な商品は非効率極まりないのですが、簡単な物ばかり作っていると腕とセンスが鈍るので時々はフラッグシップモデル的な物を作るのも必要だなと思ったので制作。という理由が半分。

あとの半分はAMDがRYZENスリッパ〈という変態CPU〉を作って凄いなぁ~と感心したので、自分も頑張らなくちゃと思い制作。と言いつつインテルでこの前自作してしまったのですが・・・頑張る理由が意味不明ですみません。次はRadeonがGeForceを越えたら頑張ります。

bDSCN6189.jpg
フラッグシップモデル第一弾としてDDノーマル胸〈M胸〉対応の製品を製作。過去製作した装備とは一線を画す有機的なデザインを採用しています。

今回のアーマーはドレスなどの上から着た際に映えるように、所謂初代セイバーと同じような肩が大きくえぐれたビスチェ型に首アーマーを追加したようなシルエットです。

bDSCN6191.jpg
bDSCN6192.jpg
bDSCN6187.jpg
胸から腹にかけてドールの体に沿うようにパーツを配置し金属製でありながらも女性的な曲線を再現しています。結果的にかなりファンタジー寄りなデザインに成りました。

bDSCN6183.jpg
bDSCN6185.jpg
側面、背面もがっちりカードされています。背面は全面と違い、ドールの体に沿わせ過ぎず、少し逆三角に張り出すような形状にし、ハッタリを利かせたデザインにまとめています。

bDSCN6195.jpg
bDSCN6199.jpg
今回のアーマーは何時ものような汎用性は無視し、デザイン性特化で制作しています。なので調節用のベルトなども省き、ホックで直接装備する形です。その為、あまり分厚い服などの上からは付けられないかもしれません・・・逆にホックのみで装着するので着脱自体は楽です。


bDSCN6197.jpg
背面はいつも通り革張り。素肌に付けた際のリスク低減のため、見えない部分は無色の革を採用していますが、今回はサイズ調節機構無いので、あまり薄着で着せると少し緩めに成ります。



コンセプトは既存の鎧シリーズと異なりますが、ギミック的には引き継いでいますので、何時ものように肩アーマージョイントが付属しています。その為、特に調性とかしなくても別売りの肩パーツが装着可能です。

bDSCN6178.jpg
bDSCN6181.jpg
肩アーマーを装着すると、一変して戦闘用な雰囲気に成ります。

bDSCN6177.jpg
bDSCN6174.jpg
大き目のアーマーなら式典用風に。

bDSCN6168.jpg
bDSCN6170.jpg
bDSCN6172.jpg
トゲアーマーは胸部分の装甲と同じで曲線的なデザインなので結構しっくりきます。

以上、新しいシリーズのアーマーの紹介でした。
こちらの評判が良ければ、DDdy用、MDD用なども制作していければなぁと思います。ただ、評判の良さと売れ行きは別なので・・・


スポンサーサイト

勇者が頭に付けている例のアレ。

急に冬になってしまいましたね!事務所がボロいので最高に寒さが身に沁みます。まだ、ろくに衣替えしていないというのに・・・

今回は新しい頭装備の紹介です。

bDSCN6144.jpg
勇者が頭に付けている例のアレです、それ以外には形容しがたい装備ですよね。まあ、普通にヘットギアとかでしょうか?

割と古典的なファンタジー作品では見かける装備ですが、使用意図がイマイチ解らない装備でもあります。防御重視なら兜の方がいいじ、軽量重視ならそれこそ額だけを守る鉢金で事足りるわけで、何が勇者たちを駆り立てているのでしょうか?まあ、最近は見かけないですが・・・


一応、装飾要素が大きいので、式典用だったり、敵を威圧するのには貢献しそうですね。戦国時代の兜とかも防御と関係なく飾りを沢山つけていたり、割と威嚇の効力は侮れない部分があるそうです。

bDSCN6151.jpg
bDSCN6147.jpg
装飾は羽根型です。ヒロイックで古典的です。羽根の角度はネジ止めしてあるだけなので任意に変えられます。

bDSCN6150.jpg
額にも装飾があります。裸眼で見ると正面でも羽根が広がって見えるのですが、カメラだと正面からは地味に見えてしまいますね。ただ、これ以上羽根を広げると正面以外から見たときに変な感じになるのでこれがちょうどいいくらいだと思います。

bDSCN6154.jpg
背面。背面は革張りです。テンションゴムが後ろに入っていまして、頭の任意の位置で止められるようになっています。加えて、ゴム自体は見えないようにカバーがかけられています。

bDSCN6141.jpg
ウイッグの上から装着すると思われるので、色移りとか気にしなくてもいいような気がしますが一応裏面は白い革で保護されている何時もの仕様です。



と言う訳で新しいアーマー装備でした。ここのところ、新作も、オーダーでもアーマーばかりなので、そろそろアーマー作りたくない病が再発しそうで怖い今日この頃ですが、次回もたぶんアーマーの紹介になると思われます。


ネットショップ新作情報。

ネットショップを更新しました。

今回はストームパンク系が多いですが、アーマー系もあります。今回はネットショップ初登場の物が多めです。
簡単ではありますが紹介させていただきます。

bDSCN2981.jpg
bDSCN2990.jpg
bDSCN6120.jpg
スチームパンク系の筆頭、ペストドクターマスクも久しぶりに販売開始。

bDSCN6123.jpg
加えてガスマスクもあります。カラバリはペストマスクもガスマスクも3色あります。

bDSCN2787.jpg
こちらもハロウィン用として使えそうなアイテム。1/3ドール用のヴァンパイアの羽根です。
bDSCN6030.jpg
三色あります。

bDSCN5990.jpg
bDSCN5987.jpg
新作のアンカーコルセットも新登場!販売分は上記の1色となります。

bDSCN6106.jpg
DD用の指ぬきグローブもネットショップに新登場。カラバリは上記の2色です。

bDSCN6010.jpg
欠品しておりましたデラックスガンベルトも新しいカラバリで再販開始です。

bDSCN4999.jpg
bDSCN5000.jpg
bDSCN5003.jpg
イベントで前から販売しているレザーショルダーアーマーもネットショップに新登場です。

bDSCN6109.jpg
こちらもカラバリは三色。

bDSCN5846.jpg
bDSCN5865.jpg
レザーショルダーアーマーは上記のワンオフタイプの販売もあります。

bDSCN4524.jpg
bDSCN4541.jpg
新型のガントレットも新登場です。DD用とMDD用があります。
bDSCN4649.jpg
オビツ50はどちらでも装着出来ます。

bDSCN5963.jpg
bDSCN5966.jpg
bDSCN5970.jpg
最後に、DD〈L胸〉、DDdy用の胸アーマー+肩アーマーのセットも1点限定で販売です。ブラックメタリックと黒を基調としたセット装備です。肩アーマー部分はまだ単体でイベントで出品していないので先行販売です。

以上、今回の新商品となります。他にも色々な商品がありますのでもしよろしければご利用ください。


1/3ドール用、ヒロイックなデザインのガントレット。あと今後の予定を少し。

ちょっと更新が滞ってまして、すみません。オーダー系の鎧の製作などでちょっと忙しかったわけで・・・まあ、あとは何となく飲みに行ってばかりでした・・・別館のブログで書くかもですが、かなりいい感じの飲み屋を見つけてしまったりなどなど。

与太話は置いといて、ドールショウも終わったので、今後の予定を少し。

直近ではハロウィンに向けてネットショップにそれらしい装備〈スチームパンクグッズなど〉を近日中に追加できればと思っています。
鎧シリーズは冬のアイドールに向けて、今回紹介のガントレットをはじめ、腕装備の新作をいくつか計画中。加えて、胸装備を中心にパーツ数の多いプレミアム路線のシリーズを製作予定〈既存のシリーズとは並行して製作する感じになるので新製品が全部高級系になるわけではないです〉。より曲線的で、ドレスなどの服装に合わせやすい、所謂ファンタジックなデザインになる予定です。第一弾はDDのM胸用で評判が良ければ他のサイズにも波及させていくつもりですが、そもそも鎧シリーズの需要がそんなにないので不安しかないという・・・

秋のAKガーデンにも申し込んでいますので、小型ドール用の装備もまとまった数製作すると思います。オビツ11用のフルプレートを考えていますが、技術的に難しいような気も・・・シルバニア系も制作したいのですが、最近アイデアが枯渇気味なので困ったもので、夏にも設計はしていたのですが致命的にカッコ悪くて没にしたばかりなので、ちょっと立ち直れてない感あります。

近いうちに行いそうなのは以上のような感じです。自分で使っているカバンがあまりにもボロすぎて周囲に心配されると嫌なので人間用のカバンも設計完了しているのですが、気に入った色の革がないので、そのうち出会いがあれば制作して、ご紹介する予定です。まあ、自分用なのでそんなに派手なのじゃないですが・・・



bDSCN6058.jpg
別に私生活と関係なく、鎧は制作しているわけで、久しぶりに大型のガントレットです。今回はグローブ系ではなくて、前からある腕に装着するタイプです。

bDSCN6063.jpg
手首から肘、上腕の途中までの大型アーマーです。

bDSCN6065.jpg
手首、肘関節、肘装甲がそれぞれ可動。ドールの動きを阻害しない装備です。後述しますが肘の可動構造が新式になっておりまして、よりスムーズに、より三次元的な動きが出来るようになっています。

※緑のシャツを着ていたら、緑が映り込みまくってしまいました・・・千葉DOLL工房の写真は方々で噂されていますが壮絶に微妙なのですみません・・・昔はすごいカメラとか欲しかったのですが、そうこうしているうちにスマホのカメラとかもよくなってしまい、何となく所有欲が減退してしまって、頑張ればくなった、お年頃なのです。

bDSCN6070.jpg
装着自体は下腕のマジックテープと上腕のホックのみで可能な簡単設計。

bDSCN6072.jpg
勇者っぽい羽根型のパーツを外したところです。マルカンを中心にスライドするような構造を新採用することで曲げ伸ばし以外に、軽いひねり運動にも対応。

bDSCN6074.jpg
肘の装飾は持ち運ぶ際などの破損防止のために着脱可能です。マルカンに引っ掛けてホックで固定する方式です。バージョン違いなども作ってみる予定。

bDSCN6075.jpg
装備の全体図です。裏側に白い革を採用することで、色移りのリスクを軽減しています。

bDSCN6078.jpg
DDやDDdyなどの60センチドール用ですが、オビツ50でもそうお茶く可能です。MDDですとちょっと大きすぎるかも・・・



以上、新しい腕装備の紹介でした。二つぐらいバリエーションを考えているのでそのうち紹介するかもしれません。


DOLLCE様に新しい商品を委託させていただきました。

表題の通り、今月も新しい商品を委託させていただきました。

bDSCN6054.jpg
品切れしておりましたデラックススチームパンクガンベルトが再入荷です。

今回はハロウィンっぽいカラーも含め、新しいカラバリで新登場です。

他にも、欠品中でしたオビツ11用ガンベルトや脇差ベルトも再納品させていただきました。

加えてハロウィンに向けてオビツ11用のヴァンパイアの翼も再販開始させていただきましたのでもしよろしければご利用ください!

それでは秋葉原にお越しの際は是非DOLLCE様にお立ち寄りください!!
プロフィール

千葉DOLL工房

Author:千葉DOLL工房
ドール用品制作ディーラー千葉DOLL工房のブログです。

1/3や1/6ドールの装備や鎧や服を、革や金属や布で作っています。ここではイベント参加の予定や出店物などの紹介をしています。
作品を詳しくご覧に成りたい場合は千葉DOLL工房倉庫に過去作品なども全て掲載していますのでよろしくお願いします。

メールフォーム
ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
★予定表★
・2017/4/23I・DOLL東京 L19 ・2017/5/4ドールショウ浅草 6E-08 ・2017/6/18AKガーデン、出店申し込み済み
Twitter
リンク
アクセスカウンター
ブログ内検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR