ワニ革の肩アーマー

コミケお疲れ様でした。

今回は予告通り肩アーマーの紹介です。
aDSCN9438.jpg
久しぶりの大型のワニ革系装備です。

基本的にはワニ革(しっぽ部分)の形を生かして製造しています。

今回はコミケで付けていくために作ったので、なるべく私服の上から付けてもそんなに違和感無いようにあまり派手ではないデザインにしています。あと色が青いのも私の私服が最近青系が多いからです。

もしかしたら茶色などで作って飾りを増やせばスチームパンク風に成るかもしれません。どちらにせよいい感じの質感で、しかも大きめのサイズのワニ革は貴重でなかなか手に入りづらいので、そうそう作ろうと思って作れるわけでは無いのですが・・・いや、金に糸目をつけなければ余裕ですが、偶然集まった似たような端切れを合わせて作るからこそ出る面白さとかもあるので何とも言えません。

aDSCN9446.jpg
首の装甲板は前部分にのみ配置しています。


aDSCN9448.jpg
aDSCN9449.jpg
蛇腹状なので、ちゃんと腕の動きに合わせて可動します。

aDSCN9444.jpg
aDSCN9439.jpg
装着は20ミリ幅の紐を使っています。着脱の面倒さを回避するために、サイズ調整さえしてしまえば、正面の鉄砲カンだけで付け外しが出来る仕組みを今回のアーマーにも採用しました。

ベルトの本数は1本ですが思った以上に安定してくれます。

ベルトの基部などはカシメなどで完全に固定しているわけでは無いので、将来的に幅や色や材質を変えることも出来なくないです。

aDSCN9433.jpg
という訳で新しいワニ革の肩アーマーの紹介でした。

次回はドール用のリュックの紹介予定です。

お楽しみに!
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

新しいスチームパンクグッズ

また作りためていた人間サイズの商品の紹介です。

と、その前に、明日コミケで委託販売があります・・・が、しかし、委託先の作家さんが引っ越しになり、新刊全滅の為、たぶん私しか品物出せる人居ない状態なので、ピンチな感じで、あんまりジャンルと相関関係の無いラインナップになると思いますが・・・

一応、明日(3日目)に『み27b』で革製品を販売しますので、もしよろしければお寄り下さい。

当日は目印として、武装してお出迎えします↓
aDSCN9438.jpg


最近、忙しい関係で例年のように卓ジャンル(メカミリ)に合わせたものはあんまり出せませんが、いつものガンベルトや、ピコニーモやFAガールズくらいのサイズ用のアーマーとか、ミリタリーな乗り物(鹿)などを販売予定です。あと、場所があれば人間用のスチームパンクグッズも並べる予定です。

aDSCN9398.jpg
aDSCN9401.jpg
aDSCN9406.jpg
ちなみに前述のアーマーはこんな感じです。



aDSCN9408.jpg
aDSCN9419.jpg
まずはフラスコポーチです。魔法使いなどが持っていそうな薬瓶を腰にマウントできる素敵グッズです。

栓には革を巻いたものを使っています。

斜めのラインがあるので、なんとなくランプに似たような形状でオシャレです。

aDSCN9414.jpg
フラスコの首の部分のホックを外すと瓶を取り外す事も出来ます。

aDSCN9416.jpg
後ろの輪の部分にベルトを通し装着します。

aDSCN9429.jpg
aDSCN9431.jpg
マネキンに装着させた状態です。魔法使いや錬金術師っぽい雰囲気がありますね。カラバリもありますので、茶色っぽい物などはスチームパンクグッズとしても使えそうです。




aDSCN9420.jpg
aDSCN9422.jpg
ゴーグル型の腕輪です。

以前製作していた1/3ドール用のゴーグルと同じくらいのサイズで製作しています。
形は似ていますが、腕輪にする関係で、だいぶ構造も変わっています。

aDSCN9425.jpg
aDSCN9426.jpg
なかなかオシャレです。ただ、生産性が非常に良くないので量産はしないかもしれません・・・



というわけで、スチームパンクグッズの紹介でした。

次回は冒頭で登場した肩アーマー紹介を予定しています。
aDSCN9438.jpg

お楽しみに!

スチームパンクな缶ポーチ

Windows10に変えてから、写真の編集がめんどくさくなったので、夏の暑さ以上に厳しい今日この頃ですね。あと微妙に10に変えてから動作が不安定なソフト(ソフトと関係ない部分というか、システム面で不安定な所も・・・)もあるので、うわぁあああって感じです。まあ、予想されていたことですが・・・でも、トラブルからの復帰関係は、7よりしやすい感じもなくもなくもないので、今の所の私のウィンドウズ10への評価は、ドジっ子なのにタフネスと言ったところです。



久しぶりに人間用の鞄を作りました。
aaDSCN9385.jpg
キッチンをご覧の内装に改造したので、マネキンを立てるとフォールアウトの世界っぽくなりますね。

aaDSCN9388.jpg
観ての通り、銅色の缶(ブリキ製)に革のガワを付けたような構造に成っています。

aaDSCN9390.jpg
収納は本体(缶の中)のほかに、革製の中型ポケット×2と小型×3があります。本体はギボシで、ポケットはホックで蓋をできます。

aDSCN9394.jpg
缶が円柱なので、そのまま肩から掛けると安定しないので、背面は体に沿うように中型のポーチが配置されています。

aDSCN9391.jpg
底面はガッチリした印象。

aDSCN9396.jpg
上蓋は二十関節なので写真のように完全に開け放つこともできます。

↓ここまでは朝日(自然光)での撮影ですがここから先は照明で撮ったので茶色っぽくなります・・・
aDSCN9181.jpg
肩ベルトの基部は鉄砲カンなのでベルト自体を着脱可能です。上蓋には家具用の取っ手を付けることで開け閉めをしやすくしています。

aDSCN9179.jpg
aDSCN9176.jpg
aDSCN9175.jpg
aDSCN9185.jpg
鞄本体のアップです。



というわけで、新しい鞄の紹介でした。



テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

関節式スチームパンクガントレット

今回も本編と関係ない前置きがあるので、興味のない方は飛ばして途中からどうぞ・・・


やっと明後日にエアコンがつく予定なのでワクワクが止まりませんが今はまだ作業場が暑いままなので無理しないようにしないとなぁと思う今日この頃。

そういえば、先週発売のウエイストランド2ディレクターカット日本語版を購入したのですが、なんだかんだ忙しくまだ数時間しかプレイできていません。ウエイストランドはフォールアウトの前身の作品(スタッフも同じ)であり、ポストアポカリプス物が大好物の筆者にとって非常に気になる存在です。よくポストアポカリプス物は、核を主題にする作品や核戦争系やパンデミック系の作品と一色単に語られますが、確かにそういう一面もあるものの、ポストアポカリプス作品の一番の見どころはやはり倫理の変化にあると思います。

倫理や道徳は「ある社会状況における功利的な行動」が採用されるケースが非常に多い(むしろそうでない場合は、ある程度是正しないと社会が持たない)ので、文化や時代、構成員が変われば革ってしまうものが多くあります。ポストアポカリプス世界においては、世界のすべてが核戦争や謎のウイルスや宇宙人からの攻撃とか、理由はなんでもいいんですが壊れてしまっているので、そこで暮らす人たちの倫理観や道徳感もだいぶ変わっています。基本的には暴力的でヒャッハーな感じですが、所々に我々現代人が忘れてしまっている人間の素朴さや優しさが感じられて、逆に私たちの社会の人間離れしているところを浮き彫りにしてくれます。なので癒される・・・つまり、生活に疲れた現代人にとってポストアポカリプスとは最高のヒーリングジャンルと言っても過言ではありません!皆さんもヒャッハーしましょう!

哲学的な話はさておき(大学で哲学をやるとこういう話をしたがるので、とても厄介です)ウエイストランドのビデオゲームとしての難易度はなかなかハードで、一人でテーブルトークRPGをやっているような感じです(むしろTRPG好きな人にお勧めです)。メインキャラ(4人)のキャラクリだけでもかなり迷いますね、これも実際のTRPGと同じでパーティーに同じ特技の人が何人もいても仕方ないので、その割り振りとか面白くもあり、頭を使うところでもありますし、時間を要するところでもあります。しかし、時間がない、なんでか時間がない・・・それは工事が終わっていないから、暑くて工事が進まないから・・・しかし、時間があったところで、このクソ暑い室内でPS4を起動させると苦しそうな息を立てるので、どっちにしろエアコンが無いとダメなわけです。



世田話は置いといて、作品紹介です。

aDSCN9360.jpg
以前、オーダー製作させて頂いたガントレットのスチームパンク要素多い版みたいなものです。前作に似ていますが、所々構造が違う兄弟鎧です。

aDSCN9227.jpg
以前の作品のページはコチラ→クラシックなデザインのガントレットを作る


aDSCN9381.jpg
aDSCN9380.jpg
親指部分や手の甲の部分の仕組みなどは以前製作した物に近いですが、小指部分はもう少しシンプルになっていて、小指のベルトを巻いて調節するような感じになっています。ただ、可動範囲は変わりません。


aDSCN9364.jpg
aDSCN9366.jpg
aDSCN9361.jpg
今回は手首装甲(ラッパ状に広がってる部分)が本体直付けで格子状になっています。そのため手の甲と腕輪をベルトでつないでいた前作とは異なり、再度の骨状のパーツによって両者を接続しています。こちらの作品は手を下方向に曲げるのは前作より得意ですが、上方向に曲げるのは苦手という感じで、どちらの形式も一長一短といった感じです。

aDSCN9368.jpg
外側からはこんな感じです。

aDSCN9378.jpg
今回も内側は柔らかい革を張ることで素手でも痛くない仕様です。手の大きい方や、下に手袋などをしても付けられるように各部がベルトやホックで調節可能です。

aDSCN9379.jpg
毎度毎度ベルトをとめなおすのはめんどくさいので、千葉DOLL工房お得意の、次回からはホックだけで着脱できるよ構造もちゃんとついています。

aDSCN9384.jpg
単体だと指ぬき手袋みたいな形になります。



というわけでヌメ革製のガントレットの紹介でした。次回は新しい鞄を紹介予定です。お楽しみに。

ボルト式、スチームパンクガントレット

またまたブログ更新が滞りすみません・・・何だか忙しいのですが、どうにも捗らないといいますか、片付けが終わらないのでどうにも落ち着かない感じです。あと、エアコンがまだついてない・・・

という新しい作業場の物理的な問題はさておき、回線の架け替えとか、携帯電話を新しくしたりとか、Windows10にアップデートしたりだとか、ツールがイカレて更新できなかったHPを作り替えたり、作業場の新設を機に色々やりすぎた結果、手続きとか非常に煩雑でもうっああって感じです。

特にWindows10とやらは、挙動は優秀なのに使い勝手が微妙なのが色んな作業の効率性を下げる手助けをしてくれるので困ったものです。まあ、ダウングレードしなおせばいいのですが、どうせそのうち10を使わなければならないので慣れないとなぁと使ってはいるのですが、何と言いますか、タブレットとしても使えるOSというコンセプトがちょいと辛いところだなぁと、タブレットに積むとタブレット前提のアンドロイドには勝てないし、デスクトップとしても先輩のWindows2000やXP、7に比べると取り回しが悪い・・・

つまり最強を目指して上手くいってない。刃牙的に言うと骨延長手術を受けまくってるジャックハンマーみたいな感じだなぁと、これじゃ単体としてはスペックが弱く(スマホやタブレットもデスクトップに比べると性能が低い)ても武芸百般(オープンソースで色々いじり倒せる)の本部(アンドロイド)に負けてしまうのも当然の成り行きですね。

そういうわけで、働いてるのに何だか何も進んでいないような気もしない毎日ですが、そろそろ落ち着きそうなので、そのうち事務所としてオープンできればなぁと思います。まあ、何はともあれエアコンですね・・・



あと、コミケに委託参加(3日目、み-27b)しますが今回は色々忙しく準備どころではないので、そんなに真新しいものは並べられないと思います。色々な物は作っているのですが、ジャンル違いなので並べるのもちょっと・・・な感じなのでどうしようか検討中ですが、委託先のメインの作家さんが急に引っ越したため、たぶん新刊落とすので、うわああああって感じですね。どうしよう。

そんな訳で委託先もこのままだと冬コミ出るかも解らないので、次のコミケは個人で出すかもですが、たぶん年末は忙しいので出ないかもしれません。特にオリジナルな立体物を売る場合、コミケ以外のほうが良いでしょうし。

ただ、来月のドールショウ(池袋)への出店は決まっていますので、正式に決まりましたらまた告知させていただきます。



前置きが長くなってしまいましたが、今回は人間用のガントレットの紹介です。

baDSCN9340.jpg
baDSCN9333.jpg
baDSCN9332.jpg
baDSCN9337.jpg
今回もヌメ革を変形、硬化させ独特のデザインに作っています。手の平と手の甲だけの装備なので、いつものように指ぬき手袋っぽい形ではないので付けてみないと何が何だか解らない感じですね。

全体的に金色系の金具でまとめ、歯車パーツも多用し、革も茶系で統一したことで、かなりスチームパンクな印象に仕上げています。

baDSCN9341.jpg
裏面は柔らかい革を張っているので、素手で付けても痛くない仕様、ベルトなどの基部はホックになっていますので、一度サイズ調節してしまえば、次回からはホックのみで着脱が出来るようになっています。

baDSCN9344.jpg
装着してみたところです。今回の最大の特徴といえる木製のボルトが鎮座し、かなりの存在感です。

一見、ボルトは単なる飾りに見えますが、実はボルトを調節することによってガントレットの横幅を広げることができる便利な調節具にも成っています。これにより手の甲側はボルト、手の平側はベルトにより調節できますので、手の大きな人でも小さな人でも装着することが可能に成っています。


baDSCN9352.jpg
手の平側には太めのベルトがあります。これだけでは抜け落ちる危険性が無いわけではないので、手首部分にもう一本、ボルトで長さを調節可能な固定用の部品を用意しました。こちらも基部はホックなので着脱は簡単。

baDSCN9345.jpg
baDSCN9347.jpg
baDSCN9349.jpg
パッと見、腕の曲げ伸ばしに邪魔そうな手首のボルトも、実際には割と外側に張り出しているので腕の可動を邪魔しません。

baDSCN9356.jpg
また手首周辺のヌメ革製の走行も外側にラッパ状に広がるようなデザインなのでこちらも腕の可動の邪魔になりづらいです。

baDSCN9354.jpg
腕の外面から見たところです。

baDSCN9357.jpg
正面は歯車が多く見えるので、さらにスチームパンクな雰囲気ですね。



というわけで、ワンオフ品のスチームパンク風ガントレットの紹介でした。

他にもガントレットや鞄など殆ど出来上がっているものが多いのですが、特殊なパーツを使うため、パーツの入荷待ちな状態です。また完成しましたらブログで紹介させていただきます。



プロフィール

千葉DOLL工房

Author:千葉DOLL工房
ドール用品制作ディーラー千葉DOLL工房のブログです。

1/3や1/6ドールの装備や鎧や服を、革や金属や布で作っています。ここではイベント参加の予定や出店物などの紹介をしています。
作品を詳しくご覧に成りたい場合は千葉DOLL工房倉庫に過去作品なども全て掲載していますのでよろしくお願いします。

メールフォーム
ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
★予定表★
・2017/3/20ドールショウ浅草申し込み済み
Twitter
リンク
アクセスカウンター
ブログ内検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR