ドール用、レザー製魔導書


bDSCN1720.jpg

以前使用していた市販の魔導書が絶版に成ったので、ちょっと前の作品から魔導書がハンドメイドに変更に成っていたものの、ちゃんと紹介していなかったのでその紹介です。

bDSCN1733.jpg
こちらは以前から製作している魔導書。

サイズが手帳くらいで小さめですが、腰装備のアクセサリーと考えるとこれくらいのサイズが割かし丁度良かったりもします。大きいとどうしてもDDdyなどの、腰からお尻の曲線に角度があるドールに着けると跳ねた感じに成ってしまうんですよね。まあ、ベルト緩めればいいのですが、それはそれでずり落ちそうになるので考え者です。

bDSCN1736.jpg
でも、やっぱりもうちょっとボリュームが欲しい!気もしなくもないので大きいのも作りました。仕様は同じで厚さも同じです。

bDSCN1738.jpg
比べると大体倍くらい違います。

bDSCN1716.jpg
ハンドメイド魔導書は全てのパーツが革製。表紙はスエードの皮、ページの部分は白い豚革。

bDSCN1717.jpg
ページ部分の皮はエナメル系のビニール加工とかではないので手芸屋さんなどで販売されている革用ハンコなどを利用すれば自分でカスタムも可能です。



あと、大き目な魔導書を量産の序にワンオフ品も製作してみました。

bDSCN1712.jpg
bDSCN1715.jpg

bDSCN1723.jpg
PSVita初期の狩ゲーのソウルサクリファイスのリブロムっぽい魔導書。リブロムは赤ですが・・・海外の作家さんでもこういう雑貨製作されている方がいますね。あとベルセルクのベヘリットとか、雑貨に目玉とか顔パーツ付けるとキモくて良いです。

bDSCN1725.jpg
メカメカしい魔導書です。ギボシがついていてベルトを外す事で本を開けます。スチームパンクっぽい印象です。

bDSCN1728.jpg
bDSCN1726.jpg
bDSCN1732.jpg
ベルト付きのタイプ。一番魔導書っぽい感じです。ベルトを外せばちゃんと開くことが出来ます。

という訳でドール用の魔導書の紹介でした。

次回は新しい頭装備の紹介です。


スポンサーサイト

小型ドール用ダガーベルト

ちょっと間が開いてしまいました。色々作ってはいるのですが、イベントの後は準備で忙しくてやり残した事や売れてしまった物の再生産など色々新作を作る余裕が無いのと、写真撮るのめんどくさい病にかかるので困ったものです。

最近はスマホでツイッターなどに、その場で撮った写真を簡単に貼り付けられるので、いよいよ写真機で写真を撮って、パソコンに取り込んで、サイズを調整して云々の作業がとてもしんどく感じてしまう今日この頃です。

たぶん、カメラやレタッチソフトに凝ったりなどすれば面白くなってくるのだと思うのですが、10代、20代の様な物欲が無いというか衰えた身としては、カメラ屋さんに行くのも億劫に成ってしまい(まあ、行ったら行ったで楽しいのですけど)、結局散歩はスカイリムでいいじゃん!ってなってしまうんですよね。いやぁ、PS4のスカイリムいいですよ!ロードが嘘みたいに短いです。

そうなんです、新鮮な物欲の塊みたいなものが心には必要なんです。何で若いうちは色々な物に恋い焦がれる事が出来るのでしょうか?たぶん若さで一番大切な物はゲーミングPCやオーディオセットや、カメラやレンズなど黒物家電を手に入れまくりたい!っていう衝動なのではと!

と、色々言い訳がましくなってしまいましたが、単純に模様替えの途中で撮影場所が上手く作れていないというのが実は一番の原因だったりするのですが。



話が長くなってしまいましたが、今回のアイテムの紹介です。
bDSCN1703.jpg
鞘付きのダガーベルトです。以前から製作しているガンベルトに近い構成の装備です。

bDSCN1705.jpg
ベルトに鞘が通されている感じなので、鞘の場所は変える事が可能です。

bDSCN1707.jpg
抜刀可能です。アサシンプレイが捗ります。

bDSCN1709.jpg
ガンベルトと同じく、シルバニアやピコニーモでも装着可能です。シルバニアだとダガーと言うより片手剣サイズなので戦士っぽいですね。

割とシンプルかつ使いやすい題材なので量産したいのですが、どうにも短剣の入手性が悪いので今の所あまり量産向きでないのが残念です・・・


という訳で、小型ドール用の武器の紹介でした。

次回は1/3ドール用の革製の魔導書の紹介です。お楽しみに!

1/3ドール用、赤い剣のセット

イベントが近いので無駄話はせずにちゃっちゃと紹介します。

bDSCN1409.jpg
今回紹介するのは、剣と鞘及びベルトのセットです。

bDSCN1411.jpg
鞘の一部、剣、腰アーマーにワニ革を使用しています。

bDSCN1413.jpg
剣はちゃんと抜けます。

真鍮と歯車パーツを使う事で何となくファンタジーな感じです。

bDSCN1415.jpg
bDSCN1416.jpg
剣単体でもカッコいいです。

bDSCN1419.jpg
bDSCN1422.jpg
鞘の反対側にはワニ革の腰アーマーが配置されています。

bDSCN1450.jpg
ベルトで装着する方式なので小さめのドールでも装着可能です。

テーマ : ドルフィードリーム
ジャンル : 趣味・実用

1/3ドール用、スチームパンクガン、その13

スチームパンクガンシリーズも今回で一度終了です。アイデアはまだあるので好評なら第二シーズンもやる予定です。

bDSCN0873.jpg
bDSCN0871.jpg
スチームパンクガン№13 『ハンドル式フルオートピストル』

謎設定で、引き金の代わりにハンドルを回すとマシンガンの様に打てるみたいな感じのデザインで製作しました。

フォールアウト4のパイプピストルに似た感じの雰囲気です。

bDSCN0866.jpg
bDSCN0868.jpg
フルオート設定なので弾倉があります。

bDSCN0875.jpg
ハンドルはもちろん可動式です。

bDSCN0885.jpg
bDSCN0883.jpg
bDSCN0881.jpg
照準器はオシャレな蹄鉄型です。フルオートなのでアバウトな狙いでもいいかなぁと。

bDSCN0888.jpg
bDSCN0891.jpg
一応片手でも持てなくはないです。バランス難しいですが・・・

bDSCN0877.jpg
bDSCN0879.jpg
MDDだとサブマシンガンくらいのサイズ感ですね。


という訳でピストル型のスチームパンクガンの紹介でした。次回からはしばらく鎧シリーズが続くと思います。


テーマ : ドルフィードリーム
ジャンル : 趣味・実用

1/3ドール用、スチームパンクガン、その12

ガンはガンでも今回はボウガンです。

bDSCN0840.jpg
bDSCN0842.jpg
スチームパンクガン№12 『テスラボウガン』

全長約20センチ。弓に電撃ダメージを追加する感じのボウガンです。ボウガンというジャンル自体クラシックな雰囲気があるのでスチームパンクとの相性も良いですね。

bDSCN0853.jpg
bDSCN0854.jpg
各部にコイル状のパーツを配置することでそれっぽさを出しています。

本体に真鍮部分が多いので様に成っています。

bDSCN0844.jpg
bDSCN0845.jpg
照準器はいつもの歯車型の物を搭載。

bDSCN0848.jpg
bDSCN0849.jpg
今までのライフルなどと同じような感じに構えられます。

bDSCN0858.jpg
bDSCN0861.jpg
bDSCN0863.jpg
もちろんMDDなどでも持つことが可能です。

という訳でドール用のボウガンの紹介でした。


次回はスチームパンクガン、ファーストシーズン最後の銃です。
bDSCN0891.jpg
初のピストル型です。お楽しみに。

テーマ : ドルフィードリーム
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

千葉DOLL工房

Author:千葉DOLL工房
ドール用品制作ディーラー千葉DOLL工房のブログです。

1/3や1/6ドールの装備や鎧や服を、革や金属や布で作っています。ここではイベント参加の予定や出店物などの紹介をしています。
作品を詳しくご覧に成りたい場合は千葉DOLL工房倉庫に過去作品なども全て掲載していますのでよろしくお願いします。

メールフォーム
ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
★予定表★
・2017/4/23I・DOLL東京 L19 ・2017/5/4ドールショウ浅草 6E-08 ・2017/6/18AKガーデン、出店申し込み済み
Twitter
リンク
アクセスカウンター
ブログ内検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR