1/3ドール用、続・可変大剣

ぼちぼち委託品の制作の片がついたので、次のイベントに向けてって訳でもなく、前から構想を温めていた作品を作っていた訳で、おいおいイベントどうするん?やるやる詐欺のネット販売とかオーダーは?的な感じですが、まあ、試作品を作ってノウハウを溜めこまないと、色々新しい作品が設計できないのでその辺は仕方ないのです。


DSCN3729.jpg
今回作成したのがコチラ

全長は34㎝でちょっと前回より小さめですが、幅が11㎝で広い部分が長いので面積的にはボリュームがあります。

DSCN3727.jpg
剣なので横にすると薄いです。

DSCN3725.jpg
前の作品ほどは重く無いですが、ドールが持つ分にはやはり重い方で有る事はたしかですね・・・

そして・・・今回も変形します。今回は2段ですが・・・

DSCN3730.jpg
メイス形態。メイスとは先端にトゲトゲとか刃が付いた、こん棒のようなものを指します。知らない人はググッて下さい。

DSCN3744.jpg
メイスはモンハンで言うところのハンマーに分類される系なのでハンマー持ちさせると結構様に成ってカッコいいです。

DSCN3736.jpg
大剣モードとメイスモードはネジで差し替え無しで固定できるので勝手に戻ったりしません。柄の部分はステンレスなので丈夫で重心が傾いていても割と安定しますね。

DSCN3752.jpg
上から見ると「*」な形です。

前作ったものより変形が1段少ない分、形には拘ってみました。変形は2段くらいがちょうどいいのかもしれません。長さ的にもDDの場合は30㎝強が武器としてバランスがとれている気もします。今度は変形とか関係無くてただデカイだけの大剣とかも作りたいですが・・・そういうのは色々準備した後にやらないと・・・

スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : サブカル

1/3ドール用、可変大剣

前の更新からまた少しあいてしまいました。ここの所はずっと今までの作品の複製とかで新作をあまり作っていないのですが、複製ばかりしていると気が滅入るので、ちょっと変わった物でも作ろうと思った訳です。


前にもドール用の武器として、カギヅメとかランスとかクローを作っていましたが、普通の剣などはだいぶ前に少し作ったきりで、手を出していないジャンルだったので今回はそのあたりを攻めようと言うか、ぶっちゃけ、イベントで他のディーラーさんが、ドール用の武器を売って儲かっていそうなので、私もそういう流行りのモノを作ってみたかったりしたりしただけなのですがw

と、言っても、普通に造形や、重量ではキャストやプラの製品には勝てないし、質感も銀メッキのプラモや、削り出しの刃物職人の方には遠く及ばないので、千葉DOLL工房らしいキワモノを作らないと生き残れないんじゃないか!?という訳で今回も需要が有るのか無いのか不明ですが、変な武器を作ってみました。

DSCN3539.jpg
てなわけで、制作したのがこのドール大剣!

モンハンの大剣風というか、構造的に平べったい作りです。鋭さはあまり無いので、キレ味ゲージは低い系ですねw

DSCN3543.jpg
こんな具合に、横から見ると結構薄いです。全長は37㎝なので、DDの体に比べて大剣ってほどでも無いですけど、普通の剣と言うには大きい部類ですね。

それにしても、武器+ドヤ顔はなかなかいい組み合わせです。

DSCN3519.jpg
ほぼ金属製ですが、持てないほどは重く無いです。ただ片手持ちはきっと無理です。両手で振り上げるポーズなどもバランスが崩れるので工夫しないと無理ぽいです。

ただ、刀身を観ていただければ、お解りかもしれませんが、このままで終わる作品ではありません。モンハンのスラッシュアックス張りに、3段変形をかまします。なのでこの形態は、収納形態兼、大剣モードと言える状態なのです。

DSCN3523.jpg
第二形態。ぶっちゃけこの形態が一番カッコいい気がします。収納形態を兼ねた両刃の大剣から、片刃の刀+ノコギリに変形する訳です。なお、変形時もストッパーのおかげで勝手に形が変わる事はあまり無いように配慮しています。

余談ですが、何だかBB三国伝の曹操ガンダムが持っていた剣に似ていますね・・・

DSCN3530.jpg
そして第三形態、片刃の太刀とピックモードです。

DSCN3533.jpg
刀の裏側のピックが鋭いので結構強そうです。

DSCN3536.jpg
横に持つと、かなり太刀っぽいですね。

DSCN3532.jpg
この形態の全長は64㎝に達するので、DDの身長より長くなります。やはり可愛い女の子には自分の身長より長い武器を持たせたつ成るのが人情というものです。

という感じに、新型の武器でした。今後量産するかは微妙ですが、需要と余裕があったら、もう少し色々な武器に挑戦したいです。というか、さっさと売りモノを作る方が先ですがね~・・・

テーマ : ドール
ジャンル : サブカル

戦闘用メイドエプロンと近況報告

毎度毎度、甲冑やら武器やらばかり作っていて、ドール達にまともな服も着せていない事を最近は反省したりしなかったり。

昔はワンピースなど作っていましたが、最近はミシン作業がめんどくさくてインナーくらいしか作っていなかったのですが、流石に寂しいのでドレスでも作ろうと考えました。

しかし、普通の服を作っても詰まらないので、やはり好きなメイド服でもと考えた訳です。

メイド服、つまりエプロンドレスは、文字通りエプロンとドレスで構成された複合装備であります。

メイド服は古来より作業(家事)服として進化してきた物なので、様々な状況に対応せねばならないのですね。

例えば、メイドさんとして食事の支度や洗濯や掃除、ご主人様の仇敵の抹殺などを日常的にやっていると様々な汚れが飛んできます。その都度装備を変更していると大変なので、エプロンで汚れを受け止めつつ、次の作業に移る時はエプロンだけをパージし、新たなエプロンに掛けかえるだけで、素早く100%に近いスペックに戻る事が可能な訳ですし、家事や作戦に応じてエプロンの種類を変える事も容易に出来る訳です。


そういう訳でまずはエプロン作成。
DSCN3301.jpg
ただ単にエプロンを作っても詰まらないので、金属製にしてみました。ヘッドドレスも金属製。フリルのヒラヒラも金属で再現?しました。

DSCN3308.jpg
基本的な構造は何時も作っている甲冑と似ているので座ったりする時にも干渉しません。エプロンぽさを出すために、前から後ろに向かっていくにつれて、装甲の幅がが小さくなる設計にしています。

DSCN3319.jpg
今度はドレスの作成。久しぶりに作った割にはまあまあの出来ですが、クオリティーは洋服を作っているディーラーさん達の足元にも及ばないです。

DSCN3332.jpg
エプロンを装着。メイドさんっぽくなりました。

DSCN3339.jpg
五月人形のシーズンが終わって、人形店で投げ売りされていた刀を装着してみました。メイドさんたるもの、様々な料理をしなければならないので、包丁や刀の扱いに長けていなければ成りません。

DSCN3348.jpg
脇差なのでちょっと短いですね・・・


DSCN3360.jpg
序でにランスを持たせてみました。モンハンに出てきそうな感じに成りますね。



と、こんな訳のわからない物を作って、イベントや委託やネットショップで売るものは作っているのかよ!と言う感じですが、ここからは近況報告です。


●まず制作物報告ですが、個々の所は前から様々な場所で「足用の甲冑が無いのは残念だ!」というご指摘を受けていたので、その研究をずっとしていて、ぶっちゃけ、それが割と設計が難しくてあんまり進んで無かったりしたりしましたが、そっちもぼちぼち完成してきたので、これからは色々量産を頑張りたいです。


●ネットショップに成るか、ネットでのオーダー受付に成るかは未定ですが、ネットでの販売の方はヤルヤルと言っといて、いざ収入が発生すると、個人的な問題ですが別件での雑収入もあるので毎年確定申告している関係で、そういうのも合わせて帳簿で申告しないと、何かの都合で税務署に口座調べられて突っ込まれた時にめんどくさそうなので、ちょっと役所に相談しないといけないんじゃないか?という感じの雲行きなのでちょっと役所に相談してから色々始めなきゃ状態で少し時間かかってしまいそうです・・・税務関係には詳しく無いので勉強しないとですね。

まあ、確定申告とか普段していないなら(ネットショップの収入が少なければ)税務署に所得報告しないでやっちゃってる人は沢山いると思いますが・・・それ以前に65万以下ならたぶん青色申告すれば控除で所得税無いはずですし・・・


●東京での委託は7月中には始められる予定です、こちらも正式に決定というか、納品が完了してから発表させていただきます。


●あまり面白い動画じゃないですが、最近プラモなどを作る所を生放送するのが流行っているみたいなので、私もツイキャスというストリーミングサービスで甲冑作成の実況などを数日前からやってみたりしているので良かったら見てくださいね。ただ、本当にあんまり面白く無いと思いますが・・・

動画URLはこちら→http://twitcasting.tv/kinokosiruko

アーカイブも有るのでよろしければ見てください。

●最後にイベント関係ですが、現在7月のI・Dollと九月のドールショーに申し込み中です(合否は未定)。


という訳で、詳細はまた、ブログにUPしますのでよろしくお願いします。

テーマ : ドール
ジャンル : サブカル

1/3ドール用サブマシンガン比較

アニメ「うぽって」のおかげか、そうでないのか、女の子にサブマシンガンを持たせるのが流行っているのか、流行っていないのかは良く解りませんが、一昔前は少量生産で非常に高額、もしくはサイズ的に微妙だった1/3サイズの銃も昨年あたりからトランペッターのプラモなどがアキバで出回る事によりかなりお求め安く、しかもクオリティーの高いものが手に入り易くなり良い時代に成ったものです。


そんな中、三か月ほど前から、同じボークスで完成品の銃の模型が出たので、今更ながら購入してみました。

DSCN3363.jpg
下が前から出ているトランペッターの銃で上が最近ボークスのドール売り場の横っちょで売られている銃です。銃については全然詳しく無いので、良く解りませんが、どっちも最近話題の(うぽって的な意味で)M16ちゃんという訳でしょうか?

アニメでもM16はマイナーチェンジを繰り返して長く使われているんだよ!と説明されていたので、いろんなバージョンが有るのでしょう。プラモ版ではグレネード付きを選んだので、完成品版も同じようなのだと詰まらないのでスコープ付きのモノをチョイス。

ちなみに値段はトランペッターのプラモ版が1512円、EASY MODELの完成品版は1890円です。(どちらもボークスでの値段)

尚、トランペッターは中国(マカオ)の玩具メーカーのプラモブランドで、EASY MODELは同社の完成品のブランド名みたいです。品物を見る限り金型のレベルはかなり高いと思いますが、コピー品を作っていた事もあって、日本のプラモメーカーとの関係は険悪らしいという・・・プラモ業界も色々有りますね。

アキバでは現在、完成品は3F、プラモは2Fのミリタリー模型売り場で売ってます。

DSCN3364.jpg
完成品版の中身はこんな感じ。ネジラー(針金)を外すだけで使えます。

DSCN3368.jpg
かなり精密な出来です。2000円しないでこのクオリティーの完成品はかなりお買い得だと思います。

DSCN3370.jpg
DSCN3366.jpg
比べてみた所。

バージョン違いなので一概には言えませんが、どう考えても同じ金型で作られています。プラモ版も完成品版も多くのバリエーションが有るので同じ造形の物も存在するのでしょう。

完成品版にも様々なバージョンが有りましたが、だいたいが2色形成でちょっとお得感が有ります。プラモ版は箱の絵を観る限りに全て単色形成のようなので、完成品版の方が若干見栄えがします。しかもスコープのレンズの部分にもクリアパーツが採用されていたり、ストックの裏のネジ部分が塗層されていたり芸が割と細かいのもいいですね。

DSCN3367.jpg

廃莢の蓋?みたいな所が開いたりするギミックも同じです。ただ、プラモ版と違い、完成品版はマガジン部分が接着されていて抜けません。

DSCN3375.jpg

そのため、プラモ版ではコンパチで再現出来る予備弾倉の再現は出来ませんし、そのための弾丸のパーツも完成品版には付属しません。


DSCN3372.jpg
完成品版、プラモ版の最大の違いはスタンドです。完成品版もスタンドは組み立てなければならないのですがニッパーなどは必要無しで、接着剤も不要な構造。ただし箱に書いてある説明書は、プラモ版同様、中文と英文表記。

銃は見た目重視というふうに横にして飾る形です。

DSCN3373.jpg
逆にプラモ版のスタンドは実用重視なのか縦に飾るというか収納する感じのスタンドです。私個人としてはこっちの方が好きです。

さて、一通り作ったり遊んでみて色々気付いたので、纏めてみます。

プラモ版のいい所。
・300円くらい安い。
・プラモなので、塗装する時に後ハメ工作とかやりやすい。
・プラモなので作る楽しみがある。
・場所をとらないスタンド付属。
・コンパチだけど予備弾倉の再現も可能

プラモ版の欠点
・説明書が中国語と英語だけなので割と解りづらい。ランナーにナンバーが付いて無いので、パーツの形で判断しないといけない。そのあたりも難易度を上げている。
・海外のプラモなのでガンプラみたいに誰でも簡単に作れる訳じゃない。そんなに難しいキットじゃないと思いますが、初心者向けで無いのも事実(一部ピンバイスを使ったり、接着剤も必要)
・ぶっちゃけ制作には300円以上の労力がかかる。


完成品のいい所
・完成品だから手先が器用じゃない人、プラモをやった事無い人も安心。
・ディスプレイ向けのスタンド
・パーツの色分けが有って塗層不要。
・プラモより種類が多いらしい・・・(少なくとも箱に描かれているバリエーションが多いし、実際にボークスで売られているバリエーションも多い)

完成品の悪い所
・ちょっとプラモに比べると高い
・予備弾倉の再現はパーツが無いし、接着されているので出来ない


長所、短所はこれくらいだと思います。ご購入の際はご参考に!

個人的には、プラモの腕に覚えのない人が大多数なドール者は大人しく完成品を買った方がいいと思います。


最後に・・・
DSCN3382.jpg
やはり女子には大きな銃が似合いますね!写真の娘はDDdyですが、MDDやパラボ40の子に持たせると更に銃の大きさが目立ってカッコいいかもですね。


と、自分の作品も作らす、委託やネット販売の準備しないで、プラモで遊んでんじゃないわよ!とおしかりを受けそうですが、そっちもちゃんとやっているので、近いうちに又、ブログを更新しますね。

テーマ : ドール
ジャンル : サブカル

プロフィール

千葉DOLL工房

Author:千葉DOLL工房
ドール用品制作ディーラー千葉DOLL工房のブログです。

1/3や1/6ドールの装備や鎧や服を、革や金属や布で作っています。ここではイベント参加の予定や出店物などの紹介をしています。
作品を詳しくご覧に成りたい場合は千葉DOLL工房倉庫に過去作品なども全て掲載していますのでよろしくお願いします。

メールフォーム
ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
★予定表★
・2017/3/20ドールショウ浅草申し込み済み
Twitter
リンク
アクセスカウンター
ブログ内検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR