人間用の鎧を作る、その4

今回は人間用の鎧の続きです。

一応、何時もの通りに、ちゃんと防御力も考えた設計にしています。

又、今回はイベントなどの人混みで、誤って人に接触した際に、相手を傷つけない為に、固い金属板や金属製のトゲトゲは付けない方針で制作しています。

といっても、鎧を着て歩くようなイベントって・・・海外ではLARPなどが盛んなのでコスプレの要素もありますが、実際に防御力のある鎧を着る事が必要不可欠(というか、防御力の無い衣装だと、普通にゴム製などの剣で殴り合うので前衛職は危険だったり、殴り合わない場合でも防御ポイントがもらえないらしい)なイベントが有りますが日本ではなかなか、やっている人も少ないし、そもそもLARPの元であるTRPGが、欧米ほど流行って無いですしね・・・

まあ、その辺の所は、置いといて、そのうち使えるかも知れないので、一応、コスプレ用として使うとしても安全性は必要なので、その辺りは確保してゆきたいなぁと。

DSCN0116.jpg
前回買ってきたエイ皮と軍手を加工してゆきます。

aDSCN0521.jpg
革軍手は、鍋でコーヒーと一緒に煮てみました。安い革床の軍手の方が染まりやすいみたいですね。煮ると革は固くなるので、多少ごわごわした感じに成ります。煮過ぎには注意が必要ですね。

色は使い込まれたような感じに成って、カッコよく成りました。

aDSCN0748.jpg
aDSCN0751.jpg
エイ皮はそもそも鱗状で固いのですが、さらに防御力を高める為に、硬質な革を裏から張ってみました。また、穴の部分に専用のベルトを作り、持ち手を作りました。

aDSCN0768.jpg
aDSCN0766.jpg
装着した際に、より、盾が腕に密着するようにベルトを設置。序に盾をマウントするラックも作ってみました。ラックにはDカンが付いていて、盾の尻尾部分に付いている金具で固定出来ます。

aDSCN0744.jpg
aDSCN0741.jpg
イグアナの革で制作していた腰のアーマーも大体完成。トゲトゲ部分は鰐皮の尻尾部分なので、そこまで固くは無いので、人にぶつかっても問題ない程度です。

aDSCN0774.jpg
モンハンで言う所のガンナーぽいポーチの集合体も作ってみました。Dカンとナスカンで接続されているので、ポーチの組み替えも可能です。

aDSCN0777.jpg
腰のパーツはフル装備だとこんな感じです。盾が重く、そしてデカイです・・・


aDSCN0738.jpg
aDSCN0739.jpg
最後に背中部分の装甲の作成です。何時も通り、製図して切り出した革を何層か重ねて固定してゆきます。

aDSCN0752.jpg
肩のアーマーを固定するためのパーツは、ある程度、肩幅が調整出来るように、ベルト式にしました。
aDSCN0754.jpg

aDSCN0753.jpg
背面と前面を合体。鎖骨付近と脇腹部分をベルトで留めるような、オーソドックスな形です。

aDSCN0770.jpg
aDSCN0772.jpg
肩のアーマー装着して、上半身装備も完成です。左肩のアーマーが少し小さく、肩にフィットしなさそうだったので、少し装甲を接いで大きくしたのと、地味だったので、コンチョで装飾してみました。


これでだいたいのパーツが揃いましたので、後は、全部まとめて装着した時にお互いが干渉しないかなどの調整作業をすれば何とか完成できそうです。

スポンサーサイト

テーマ : *コスプレ*
ジャンル : サブカル

プロフィール

千葉DOLL工房

Author:千葉DOLL工房
ドール用品制作ディーラー千葉DOLL工房のブログです。

1/3や1/6ドールの装備や鎧や服を、革や金属や布で作っています。ここではイベント参加の予定や出店物などの紹介をしています。
作品を詳しくご覧に成りたい場合は千葉DOLL工房倉庫に過去作品なども全て掲載していますのでよろしくお願いします。

メールフォーム
ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
★予定表★
・2017/3/20ドールショウ浅草申し込み済み
Twitter
リンク
アクセスカウンター
ブログ内検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR