シルバニアファミリー森の七人の武者編、シルバニア大将軍!

シルバニアの森・・・それは私達の思い描くようなユートピアでは無く、村の住人と村ではなく森の中に取り残されたシルバニア、そしてそのバランスを利用して権力を握らんとする為政者達による苛烈な権力闘争の場であった・・・

為政者達は傭兵を雇い、しばしば雇われた傭兵は主人を裏切り下剋上の日々が続く・・・その虚しい闘いの中で唯一利益をむさぼっていた武器商人達も次第に戦火に焼かれる側に堕ちていった。

森からは妖精がいつの間にか居無く成り、シルバニア達を育て育む森自体が死滅の危機に瀕したというのに闘いは収まらない、そもそもシルバニアは多種族村であった。村なのに多種族、多種族なのにムラ社会、シルバニアはそもそも、豊かな森の自然、優しい森の妖精・・・そしてユーザーの莫大な財力によって得られる新製品(新居)というインフラに支えられた危ういバランスの上に成り立った、村なのであった。

しかし、我が家のシルバニアは人口は増えど家は増えず、不満が高まる一方だった。
DSCN6834.jpg
DSCN6842.jpg

デカイ人形に襲われる事もしばしばだ。

もはや全滅の日も近い、シルバニアの森の現状を憂いた若いシルバニア戦士達が今、立ち上がろうとしていた!



冗談はさておき、この前のドールショウの際に売り子を頼んでいる後輩とシルバニア大将軍は必要かもしれないと言う話に成り、久しぶりにシルバニア鎧の新作です。

七人の武者というのはSDガンダムで最初に武者ガンダムがラインナップされたシリーズの事で、調子が良ければ7種類こんな具合で鎧を作ろうと思いますが、何時も行き当たりばったりで制作しているので、そこまでこの企画を続けられるか解りません・・・


一応そんな訳で、第一弾がシルバニア大将軍です。ちなみにSDガンダム的にはガンダム大将軍は大将軍が称号なので武者ではありませんし、7人の武者にもガンダム大将軍(二代目)は含まれません。

武者ガンダムの世界では「武者」は称号だったり役職で、ガンダムだからといって全員武者では無いようです。

あと大将軍についても、ガンダム軍団の筆頭であればだれでも成れる訳では無く、ガンダム軍団の筆頭は「将ガンダム」であり、それとは別にフェニックスから選ばれた武者が大将軍に成るというシステムです。あと有る程度世襲だったりしますし、他にもお家騒動とかで例外もあったりするのですが・・・又、上記のようにフェニックスに選ばれる物が居ない場合、大将軍の座が空位の時代も多々有ります。

ちなみに私の一番好きなガンダム大将軍は、三代目頑駄無大将軍です。最初のBB戦士№17『武者ガンダム』の出世した姿でも有りますし、当時のキットとしてもかなり纏まりがあって良いプラモでした。又、ギミック的に面白かったのは四代目とか魔星とか刀覇ですかね。



SDガンダムの雑学は置いといて、今回のシルバニアがこちら。

aDSCN1958.jpg
aDSCN1959.jpg
武者シルバニアさん。鎧部分は今までの物とはかなり外見が違いますが装着は前後のホックで行います。背面はバックパック風。

高貴な印象が出るような感じを出しつつギミック面にも配慮しています。

aDSCN1961.jpg
千葉DOLL工房定番の謎のサポートメカ。一応鳳凰をイメージしています。翼の部分に砲門が有ります。

aDSCN1964.jpg
ウサギさんとの比較。シルバニア用のサポートメカとしては何時もより大きめです。

aDSCN1966.jpg
背中は丸いです。ペットとしても使えるかも・・・

aDSCN1970.jpg
aDSCN1973.jpg
分解して装着すると大将軍形態に成ります。兜、羽、腰、脚のアーマーが増設されます。特にSDガンダムの特定の大将軍を意識している訳では無いので、どれに似せているという訳では無いです。そう、あくまでインスパイアされているだけであって、パクリでは・・・

aDSCN1976.jpg
aDSCN1979.jpg
背面にはキャノンも設置されています。一応ガンダムの世界の大将軍(2代目以降)は基本的にオメガ○○というキャノンを背中に2本背負うのが通例に成っています。

キャノン部分は金属製で、羽と一体に成っていて重いですが、サンダルが少し大きめなので接地面積が大きく、割と安定します。


aDSCN1981.jpg
腰のアーマーはホックを軸に動かせるので座る事も出来ます。シルバニアは座った姿が一番可愛いと思うので、何時も装備を設計する際は座れる構造に成っているか、気を使っていたりします。


aDSCN1985.jpg
aDSCN1989.jpg
キャノン部分は変形させて、前方に展開できます。加えてセンサーも一緒に展開してカッコいいです。

aDSCN1995.jpg
aDSCN1996.jpg
aDSCN1998.jpg
特に発射形態にしても後ろに倒れる事は無いですが、スタビライザーが可動するので接地させて安定させる事も可能です。


aDSCN2006.jpg
aDSCN2008.jpg
ケンタウロスと言いますか、四足モードです。四足モードは四代目や新世、ファーストガンダム大将軍とかがやってましたが、基本的にガンダム大将軍はフェニックスモードという、大きいフェニックスに変形する事の方が多いです。ちなみに四代目はフェニックスモードにも成ります。すごいです。

aDSCN2009.jpg
aDSCN2010.jpg
このモードでは羽、キャノン、サンダル部分が差し替えで後ろ脚に成ります。又、腰の装甲も逆に付け直してシルバニアの脚が良く見えるようにしています。四足なのでかなり安定しています。


aDSCN2015.jpg
子ずれ狼じゃありませんが、背中に赤ちゃんを乗せる事も出来ます。


という訳で、シルバニアの豪華な鎧の紹介でした!需要があれば量産しても良いかもしれませんが、武者ガンダム世代じゃないと何とも言えないですね・・・個人的には派手で大型の割には変形機構が単純で飾る時にも倒れにくかったので良い出来かなと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉DOLL工房

Author:千葉DOLL工房
ドール用品制作ディーラー千葉DOLL工房のブログです。

1/3や1/6ドールの装備や鎧や服を、革や金属や布で作っています。ここではイベント参加の予定や出店物などの紹介をしています。
作品を詳しくご覧に成りたい場合は千葉DOLL工房倉庫に過去作品なども全て掲載していますのでよろしくお願いします。

メールフォーム
ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
★予定表★
・2017/4/23I・DOLL東京 L19 ・2017/5/4ドールショウ浅草 6E-08 ・2017/6/18AKガーデン、出店申し込み済み
Twitter
リンク
アクセスカウンター
ブログ内検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR