FC2ブログ

千葉DOLL工房オリジナル、1/3ドール金属製素体、販売に当たりの詳細。

ヤフーオークションやYouTubeの挙動にも慣れてきましたので、そろそろオリジナルドールの販売を開始しようと思います。

今週末から始めるつもりで、第一弾は4号ドールです。〈あとで、新しい写真を紹介します。〉

その他にほぼ同じ仕様の三号ドール〈三号の手を作ってなかったので、これから作る予定です〉。

3号機は手を作るだけですので、続けて出品出来る予定です。


又、2号機は制作の見本の為に暫く手元に置いておくつもりで、明日ブログで紹介予定の小型版の素体〈5号機〉も複製の目途が立つまでは見本として事務所に保管予定ですが、小型版の量産のメドが立ちましたら販売開始の予定です。

初代の素体も各部関節を修正しましたら販売する予定です。



一応、今後も継続して金属素体は制作するつもりですが、昨今のコロナウイルスの影響で一部の部品の入手がしづらくなってるのと、そもそも作るの大変すぎて、そうそう量産できる物でも無いので、長い目で見ていただければと・・・


と言う訳で、直近で出品予定の4号機の紹介です。
一応仕様などはブログで以前紹介しておりますのでそちらをご参照下さい。

手の紹介→オリジナルドール素体の商品化計画
素体の仕様→オリジナルドール素体の量産計画

又、可動などの詳細は動画をご参照下さい↓

壮絶に編集がダサいので注意!!

s-P1002457.jpg
4号機も2、3号機とほぼ同じなので手足の分解kが可能です。

s-P1002453.jpg
s-P1002449.jpg
s-P1002440.jpg
s-P1002442.jpg
s-P1002443.jpg

s-P1002451.jpg
脚を組んでポーズを付けられます。

s-P1002448.jpg
メンテナンスハッチを使うと体育座りも出来ます。

s-P1002455.jpg
服も着せられます。写真のは少し大き目なオビツ50用の物です。

s-P1002437.jpg
DD用だけでなく、オビツ50用のヘッドも搭載可能です。

s-P1002447.jpg
ここまではG9で撮影したもの。裸眼で見た色に近い感じで現像しています。



ここからはシグマsdクアトロで撮影。

s-SDIM0034.jpg
s-SDIM0038.jpg
s-SDIM0042.jpg
s-SDIM0045.jpg
s-SDIM0050.jpg
s-SDIM0051.jpg
s-SDIM0053.jpg
こちらはコントラスト高めで現像した感じです。カッコいいです。



簡単な物ですが、説明書も掲載しておきます↓
人造人形1
人造人形2
人造人形3a




と言う訳で、今週末から素体をヤフオクに出品するにあたっての写真の紹介でした。

正式に出品致しましたらまた告知させて頂きます。

出品完了したしました。オークションのページはこちらです↓
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o387539097

他にもアーマーなども販売しておりますのでもし宜しければご利用ください↓
千葉DOLL工房の出品物一覧

あと、あんまり関係ない話ですが、一応千葉DOLL工房製のドールは人造人間の人形版なので、人造人形というブランド名で今後出していく予定です。

今回は最初の製品版の型番なので『MD1』としています。MDはマグナムドライやミニディスクではなくてメタルドールの略です。そのうち他の素材が主体のも作るかもしれませんのでこんな区分にしています。

『PRO』はフラッグシップモデルなので、かっこいいので付けただけです。語呂がその方がいいからです。『MD2』以降はもう少し小型で低コストなドールを設計中です。先日紹介させて頂いた金属製オリジナルドール素体〈ミニ版〉を土台に設計中です。

ただ、設計中と言うだけで、実際にどうなるかはわかりませんし、千葉DOLL工房が生き残れるかもわからないので何とも言えませんね・・・そろそろ鎧シリーズの新作夏に向けて考えなければならないタイミングだったりするので制作はだいぶ後に成るかもしれませんし・・・

以上、ドール素体出品のお知らせでした。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

千葉DOLL工房

ドール用品制作ディーラー千葉DOLL工房のブログです。

1/3や1/6ドールの装備や鎧や服を、革や金属や布で作っています。ここではイベント参加の予定や出店物などの紹介をしています。
作品を詳しくご覧に成りたい場合は千葉DOLL工房倉庫に過去作品なども全て掲載していますのでよろしくお願いします。

Twitter

アクセスカウンター

ブログ内検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR